足立区綾瀬、葛飾区亀有・小菅・堀切で腰痛、肩こり、頭痛やめまい、膝の痛み、産後の骨盤の歪みなどでお悩みの方へ

スポーツ外傷・障害

  • スポーツをして怪我をした
  • 少しでも早く治したい
  • 試合があるから痛みを取りたい
  • 膝が痛くて走れない
  • 捻挫の痛みがとれない
  • 肉離れをおこした
  • 脱臼してしまった

など、当院ではスポーツによる外傷や障害についても多くの患者様をサポートしております。

また長年の柔道の経験も活かし、さまざまなアドバイスも行っております。

スポーツ関連で身体のお悩みをお持ちのかたは、ぜひお気軽にご相談ください。

スポーツ外傷とスポーツ障害の違い

一般的にスポーツによる怪我は「外傷」「障害」に分けて考えています。

痛みを抱えながら運動を続けていると、痛みをかばうことで筋肉が凝り固まったり骨格のバランスが崩れるなどして身体に悪影響を与えます。

また損傷した筋肉を酷使してしまい、怪我の悪化や痛みの連鎖を引き落こすこともあるので早めの治療をおすすめします。

①スポーツ外傷とは

主に手首や足首の捻挫、肉離れ、脱臼、打撲、突き指などがスポーツ外傷と呼ばれるものです。

スポーツ中に突発的に発生するため予防が難しく激しく痛みや腫れを伴います。

たとえ痛みが少なかったとしても、可動域が制限されたり動くことで強い痛みが生じることもあります。

②スポーツ障害とは

部活動の過度な練習や繰り返し行う運動をきっかけに炎症を起こしてしまう状態です。

スポーツ障害は、ご自身の身体の構造やスポーツ環境的要因で起こるため、ある程度の予防が可能になります。

津久井しんきゅう整骨院では

当院では丁寧なカウンセリングを行い、スポーツ外傷や障害を引き起こしている原因を分析し根本治療を目指し施術を行っています。

また現在の状況をもとに、早期回復に向けて治療計画と必要なリハビリテーションをご提案いたします。

その際には日常生活での注意点や、自宅でできるトレーニング・リハビリテーションも合わせて指導させていただきます。