足立区綾瀬、葛飾区亀有・小菅・堀切で腰痛、肩こり、頭痛やめまい、膝の痛み、産後の骨盤の歪みなどでお悩みの方へ

ばね指

ばね指とは指に発症する腱鞘炎の1つで、指の腱鞘が炎症を起こしている状態のことです。

また指の曲げ伸ばすときに引っかかるような違和感が生じ、ひどくなると痛みや腫れ、発赤などの症状がみられます。

ばね指の原因

ばね指も腱鞘炎と同じく家事や育児・スポーツ・楽器の演奏など普段から手や指をよく使う人、最近ではパソコンでの作業が多い人、スマホをよく使う人などに起こります。

また女性ホルモンが関係していることから妊娠・出産・更年期の女性に多くみられる症状です。

ばね指は初期段階では腕や手に違和感を感じる程度ですが、放置すると動く範囲が狭くなり痛みが生じてきますので早期治療が必要です。

津久井しんきゅう整骨院では

このような症状ありませんか?

  • 朝起きると指に違和感がある
  • 指を曲げると痛い
  • 指の付け根が痛い
  • 症状を繰り返している
  • 手術が必要と言われた

このような症状でお悩みの方は、今すぐ治療が必要です。

当院では丁寧なカウンセリングを行いながら、ばね指を引き起こしている原因を見極め、根本治療を目指し施術を行っています。

 ぜひお気軽にご相談ください。